2018年5月12日(土) 稲子岳南壁左カンテ(個人山行)


行程:稲子湯登山口7:00-10:00登攀-14:00登攀終了-16:30登山口

メンバー:S木、H岡、D原、I島、S谷

 明神岳東稜の予定であったが、天気が悪いため急遽稲子岳南壁左カンテに変更した。ここは取り付きまで結構歩くが、ルートは4~5ピッチとお手頃である。
 予報では晴れのはずが、風が強く寒いクライミングとなった。おまけに昨夜は雪が降ったらしく、場所によっては30cm前後も積もっている。(登攀ルート上には雪がなく助かった)
 そのため踏み跡がわからず取り付きまでに結構なやぶ漕ぎなってしまった。(取り付きにまっすぐ向かうと藪の中に大岩があり歩行が大変であるため、最初は右寄りにあがった方が良い)
 最初はS木さんI島ペアがスタート。数メートル登ったころで、全員の携帯がけたたましく警報が鳴る。地震だと思い全員身構えるが、震源地は大町のためここは揺れずに済んだ。ルートには浮石が多く、もし揺れていたら大参事であった。
 核心は3ピッチ目のクラック。右のカンテに入れば楽である。我々はカムの3#を持っていったが、使えなかったので4#が必要である。
 登った後は電気柵をどうやって越えようか心配だったが、まだ設置されていなかった。皆さんお疲れさまでした。(S谷記)

"_登山口"
"_しらびそ小屋"
"_林道から外れる場所"
"_取りつき"
"_1P目"
"_3P目 左側のクラックを登る"
"_頂上にて"