2018年9月22~24日(土、日、月) 北岳バットレス 第4尾根(個人山行)


行程:
1日目:08:30芦安P-9:30広河原-12:30白根御池小屋
(分岐点の下見に!)
13:00白根御池小屋-15:00bガリー分岐地点-16:20白根御池小屋
2日目:3:00白根御池小屋-04:50bガリー取付き地点-07:30第4尾根テラス-10:00マッチ箱のコル-12:00枯れ木テラス-13:15北岳山頂-14:55白根御池小屋
3日目:06:00白根御池小屋-07:45広河原-9:00芦安P
メンバー:CL/S木、D原、I島、H岡、S谷、F田

 しっとりとした登山道をのんびりと白根御池小屋へと向かう。
小屋到着分岐点の確認のため下見に向かうが二股分岐で
なんとなく肩の小屋方面に行ってしまい・・・1時間ロスも
明日への準備体操のようなものだ。
 翌朝は3時スタート。分岐点から沢沿いをつめてbガリー取付きに到着。
3パーティがすでに到着していた。
bガリー大滝をアプローチシューズで登りそのまま草地の踏み跡をたどり
ガレたCガリーを渡りやさしいスラブ状の岩を登るとテラスに出る。
主稜はクラックから始まりリッジ、ホールド豊富なスラブ。垂壁を登り高度感のあるリッジでポーズ。
マッチ箱のコルでは大休憩を強いられる。11時30分を過ぎていた。
枯れ木テラスも待機場所がないため待機。待機。
今日の最終バスに間に合わないかぁ・・・
核心とも思える最後の城壁をメンバーはストレス発散するかのように猛烈ダッシュ登攀。
 初心者の私は、ここまでのルート所々でこんな凄い場所にいることが不思議でしょうがなかった。
登りつめた時には達成感と安堵感で感情が高ぶった。ウルウルくるものがあった。
ここまで導いて頂いたメンバーに感謝!!感謝である。

急ぎ下山するも最終バスには間に合わずまったり宴会!!
楽しい時間を過ごせました。 (F田記)

"bガリー大滝"
"ピラミッドフェイス"
"Cガリーを渡る"
"さぁ!"
"スラブを"
"気持のいいリッジ"
"マッチ箱のコルへ"
"下降"
"巧に"
"城壁を望む"
"トラバース慎重に"
"大休憩"
"全員集合のはずが・・・"
"猛烈"
"夜景"