2017年 1月28日(土) 八ヶ岳天狗岳 (例会山行)


行程: 渋御殿場8:00→八方台分岐8:55→唐沢鉱泉分岐9:20→黒百合ヒュッテ10:00→東天狗11:35→西天狗12:00→黒百合ヒュッテ13:20→渋御殿場14:50
メンバー:L/H岡・Y本・S々木・U松・K代
 
 行程時間も手頃、岩稜歩きも経験でき、雪山のステップアップに良い八ヶ岳の人気の天狗岳に事前講習を兼ねて行って来ました。  渋の湯から歩き出すと、サラサラした雪が積もった樹林帯を急登する。後は、比較的斜度の緩い登山道をゆっくり登る。
 黒百合ヒュッテに到着すると樹林から抜け出しパッと視界が開ける。
 ヒュッテ前で休憩し、アイゼン・ピッケル装備、アウターを着て風対策もしっかり整え登山者で賑わうヒュッテを後にする。
 中山峠からのシラビソの林が続く、わずかな急登を超えると一気に展望が開ける。正面に天狗岳の2つのピークを見ながら左手に絶壁の稲子岳、蓼科山の向こうには北アルプスだ。広がる空間と広い青空本当に開放的な山だ。
今日の稜線は、強い寒風も無く、白い雪面は、堅くアイゼンの歯が良く効いて歩き易い。
 山頂付近の岩稜は、雪から岩が露出して所、急な雪壁は足元を確認して、慎重に進む。特に、東天狗を下る所は、調度良いフラットフッティングの練習に成りました。
 赤岳と同じ山域でも事前講習は、好天にも恵まれアイゼン歩行、ピッケルワークに大変有意義でした。(H岡記)

写真をクリックすると拡大表示 、<>マークをクリックすると写真が変わります。

  •  樹林帯から出発
    樹林帯から出発
  •  黒ユリヒュッテに到着
    黒ユリヒュッテに到着
  •  最高のピーカン
    最高のピーカン
  •  雪は締まって歩きやすい
     雪は締まって歩きやすい
  •  左手には稲子岳
    左手には稲子岳
  • 東天狗岳を下る
    東天狗岳を下る
  •  西天狗岳に向かう
    西天狗岳に向かう
  •  赤岳にズーム
    赤岳にズーム
  •  アルプスもくっきり
    アルプスもくっきり
  •  集合写真
    集合写真
  •  快調に下る
    快調に下る
  •  渋の湯に到着
    渋の湯に到着