2016年 9月110~11日 万太郎本沢曲沢 (例会山行)


メンバー:T島 U本 H岡 D原 
行程:
9/10 土樽駅8:45→10:00入渓地点→12:00オキドウキョウのトロ→13:00井戸小屋沢出合→16:00一ノ滝→17:30一ノ滝上BP
9/11 BP7:15→7:45二ノ滝→8:50三ノ滝→15:00肩の小屋→16:30天神平(ロープウェイ)→17:15土合駅
 土合駅駐車場に車を止めて荷物を準備し、土合駅で、同じく万太郎沢に入る予定の4人組と出会い情報交換。30分ほどして、約400段の階段を下り地下ホームへ。電車で土樽駅まで移動し、そこから入渓地点まで約1時間歩行。巨大な堰堤が入渓点の目印。天気は晴れ。しばらくはゴーロを歩き、やがて広いナメとナメ滝が現れる。水量が多く、右や左に移動しながら進んでいくが、開放感がありエメラルドグリーンの水がキラキラと輝いていて美しい。関越トンネルの換気口前で最初の休憩をとる。そこから二股の右へ入ると、ほどなくオキドキョウのトロに到着。左岸をヘツり、最後は泳いで右岸へ渡る。ここは、流されないようお助けロープを出してもらう。その先の高さ1mほどの滝も突破。少し時間が押し気味のなか、ようやく一の滝に到着。途中いくつかまかなければならない大きな滝はあったが、さすがに迫力が違う。左側から高巻き滝の上に出る。一時間ほど登り、二の滝との中間地点あたりで地図に記されたビバーク地を探すが、朝会ったグループに先を越されていた。仕方なく、対岸側の藪を切り開き、ビバーク場所を確保し、ようやく夕飯準備が始まるころにはもう薄暗く、みんなお腹ペコペコでぐったり。夜は涼しく、思ったほど虫もいなくて快適に寝ることができた。
 翌朝は5:00に起床し、簡単に朝食をとった後スタート。今日はロープウェーの時間があるので、最初からスピードを上げていく。ほどなく巨大な二の滝が現れる。水量が多くこれも迫力満点だ。左側から巻くことができた。慣れてきたのかもしれないが、一の滝の巻きよりは少し登りやすく時間も短縮できたような気がする。最後に現れた三の滝は、この巨大な滝の中を行くと聞いて最初かなりビビる。一ピッチ目はリーダーが、二ピッチ目からはHさんが先頭でザイルは張ってくれましたが、滝の中を横切った後からがつるつるで、滑ったらこれはたぶん人生終わりだなーと思いながら必死で登る。ここを過ぎてしまえば、後は本流を見つけながら詰めていくだけで特に大変なところはなかったような気がする。沢を詰めた後靴を履き替えた。最後の笹やぶは腰くらいの高さで、踏み跡もはっきりしているため迷うことはなかった。肩の小屋で一服し、一気にロープウェー駅まで下った。昨日先を行っていたグループが、今日は後ろから走って追い越して行ったので、まさか最終に間に合わないのかと焦りましたがセーフでした。最終の土合駅行のバスの方が時間ぎりぎりで猛ダッシュしましたが。

写真をクリックすると拡大表示 、<>マークをクリックすると写真が変わります。

  •  入渓地点 林道の最終地点B
     入渓地点 林道の最終地点B
  •  万太郎のナメ綺麗です
     万太郎のナメ綺麗です
  •  オキドキョウ沢の出合 左をへつる
     オキドキョウ沢の出合 左をへつる
  •    オキドキョウ 左から右へ泳ぐ
    オキドキョウ 左から右へ泳ぐ
  •  へつる
     へつる
  •  オキドウキョのトロ
     オキドウキョのトロ
  •   釜も綺麗
    釜も綺麗
  •  一の滝 滝手前の右リッジから巻いて上る
     一の滝 滝手前の右リッジから巻いて上る
  •  二の滝 右壁から上る
     二の滝 右壁から上る
  •  三の滝 下段部
     三の滝 下段部
  •  三の滝 上段と下段
     三の滝 上段と下段
  •  三の滝上段 滝の中を横切り、右の小沢に入る
     三の滝上段 滝の中を横切り、右の小沢に入る
  •  三の滝 小沢から左の草つきにはいる
     三の滝 小沢から左の草つきにはいる
  •  三の滝を抜けたところ いきなり水流が減り、沢が小さくなる
     三の滝を抜けたところ いきなり水流が減り、沢が小さくなる
  •  沢も切れ、靴を履き替えて詰める 1700mあたり
     沢も切れ、靴を履き替えて詰める 1700mあたり
  •  最後の詰め 踏み跡がしっかりある
     最後の詰め 踏み跡がしっかりある
  •  詰め場所から見下ろした景色
     詰め場所から見下ろした景色
  •  稜線
     稜線